『いちばんよくわかるWebデザインの基本 きちんと入門』を読んだ

『いちばんよくわかるWebデザインの基本 きちんと入門』を読んだ。
タイトルのとおりとてもわかりやすかった。デザインの説明のための事例も豊富だし見てて飽きない。
Webデザイナーだけでなくエンジニアやディレクターにもおすすめ。

webdesign-basic-book

どんなにインフラやバックエンドが作り込まれていても見た目が良くなければユーザーは見向きもしない。 ユーザーが見てくれる・触ってくれるようなものを作りたい。 自分で見た目のデザインまである程度のレベルのものを提示できたら、 と最近強く思うようになったのでデザインに関する勉強を始めた。
この本はWebデザインで必要なものをひととおり学べるので非常によい。

フロントエンドをいじるときはおおいにこの本の内容が参考になる。
たとえばレイアウトを組んだり、マイクロインタラクションとしてアニメーションを入れたりするとき、 ボタンの色をCSSで指定するとき、UIを設計するとき、...

続きを読む

技術は手段。大事なのはユーザーが喜ぶかどうか - 『Web製作者のためのUXデザインをはじめる本』を読んだ

最近、エンジニアとして仕事をしていて「ユーザーに本当に価値が届いているのか」 「本当に自分が作ったものでユーザーが喜んでいるのか」と疑問に思いながら 日々のタスクを忠実にこなしていたのだけれど、 チームにUX/UIデザイナーがJOINすることになり、UXも合わせてUI・画面のデザインを再デザインしてもらったところ、 今までのものとははるかにユーザーに寄り添ったものになっていくのを目の当たりにした。
これまでのものは、ディレクターからのふんわりとした要件をエンジニアが ポイントを抑えつつ試行錯誤しながら画面設計も含めて実装に落とし込んでいたのだけれど、 アクティブなユーザーがなかなか増えていかない。
機能を作った自分は、「とりあえずタスクが消化されたし問題があればあとで改善すればいいか」としてそこで達成感だけ味わって後は塩漬け。 そうやっていつまでも改善されていかない。
このやり方でいいものかと思っていた矢先、上記の改善を目の当たりにしてカルチャーショック。

サービスをサービス足らしめるのは技術ではないんだな、と納得した。
あくまで技術というのは実現するためのサポート・手段でしかない。そうであるならエンジニアってWeb開発における主体性ってあまりないんじゃないか? もちろん技術は楽しいものだけれど、作ったサービスで誰かを幸せにしたいって思うならエンジニアリングだけじゃダメなんじゃないか?
キラキラした最新技術だけを追っかけてそれで満足して本当に大事なものを見失ってないか?

...
続きを読む

『初めてのAnsible』を読んだ

オライリーの『初めてのAnsible』を読んだ。 原題は『Ansible: Up and Running』。
「初めて」はどこから来たのか…。まぁ初心者をターゲットにすると売れるからなぁ。 先日の『Infrastructure as Code』に引き続きインフラ本2つ目。 最近のオライリーのインフラ本は青いね。Docker本も青いし。 てか最近本しか読んでねぇな。オライリーの書評ブログになってるなぁ…子守しながらだと本しか読めない…

ansible-book

本書はタイトルに「初めて」と冠してあるとおり、内容はとてもわかりやすい。
どうAnsibleを使ったらいいのか実践形式で簡単なPlaybookの実行から複雑なPlaybookの実行をとおして教えてくれる。 また、カスタムモジュールの作り方も記載されてあるので、もしモジュールがない場合はここを読むと役に立ちそう。

...
続きを読む

『Infrastructure as Code』を読んだ

オライリーの『Infrastructure as Code −クラウドにおけるサーバ管理の原則とプラクティス』を読んだ。 原題は『Infrastructure as Code -Managing Servers in the Cloud』。
この本の内容を簡潔に説明すると、「デプロイパイプラインを整備せよ」「そのためにテストを書け」 という内容に尽きる。

infrastructure-as-code

説明している技術的な要素についてはインフラ界隈をウォッチしていればなんてことはない内容だと思う。...

続きを読む

『ゼロから作るDeep Learning』を読んだ

『ゼロから作るDeep Learning』を読んだ。
ライブラリの使用はnumpymatplotlibだけに留めスクラッチでDeep Learningのプログラムを作りながらDeep Learningについて学ぶ本。
冒頭で「誰のための本か?」と「誰のための本でないか?」ということを明確にしており、この本を読めば何がわかるのか、わからないものは何か、というのがはっきりしているので読みやすい。
ちなみに本書ではCaffeTensorFlowChainerなどのディープラーニングのフレームワークの使い方の説明はしないし、自然言語処理や音声認識は扱わない。個人的には音声認識のディープラーニングに興味があるので残念。

building-machine-learning

いろいろ本を読んでようやく機械学習を俯瞰できるようになった。...

続きを読む

「GW」それはゲートウェイと読む

「GW」と書いてあるならそれは「ゲートウェイ」と読む。
プログラマまたはネットワークエンジニアならでは。

今年のGWは前半は仕事をして後半は子どもを連れて帰省した。

GW中に仕事に家族からのブーイングを受けながら仕事。
午前は家族サービス、午後は仕事。
気分的に休みだと頭も休みな感じ。 その分リラックスしてコーディングができるからかえって良かったりする。
窓の外に広がる田んぼも田植えが終わった様子。
のんびりしながらコーディング。よい。

tanbo


...
続きを読む

『実践 機械学習システム』を読んだ

オライリーの『実践 機械学習システム』を読んだ。
内容はこの前読んだ『集合知プログラミング』と似ていて、機械学習ではこんなことができる、ということがいろいろ紹介されている。 もちろん色々紹介されているから中身が薄いというわけではなく十分満足できる内容だった。
でも、もうすでに機械学習をバリバリやっているような人が読んでもふーんで終わるかもしれない。

著者ができるだけ数学や統計学の知識がなくても読めるようにわかりやすく噛み砕いて説明しようと努めているため非常に読みやすい。
本で記載されているコードでは積極的にライブラリを使用している。
『集合知プログラミング』ではアルゴリズムやロジックをコードでわかりやすく説明するというスタンスだったがこの本は文章で説明して実装はscikit-learnなどのすでにあるライブラリを使用するというものになっている。
業務では実際のところ、スクラッチで機械学習部分をコーディングすることはほとんどないのでライブラリを使ったコードになっているのは実用的でありがたい。

building-machine-learning

特に読んでいて興味深かったのは「トピックモデル」と「音楽ジャンル分類」のところだった。
...

続きを読む

『集合知プログラミング』を読んだ

『集合知プログラミング』を読んだ。
この本が出たのは2008年なので技術書にしては古い。
古いので自分の読みたい本リストに入っていなかったのだが、 けっこういい本という噂を聞いたのと今仕事で機械学習を扱うようになったので知識を深めるためにも読んでみることにした。

実際とてもよい本。
機械学習について知らない人でもわかるように、統計学的な知識や数学の知識がなくても読めるように考えられている。
そして例がわかりやすい。こういう問題があってそれをこう解決したいのでこのアルゴリズムで学習させてよい結果を得られるようにします、という感じで終始進むのですんなり頭に入ってくる。
自分のプロダクトに組み込むならこのアルゴリズムが使えそう、などそういうのが閃いたりした。

programming-collective-intelligence

さすがに出た時期が時期なのでディープラーニングなどは扱っていなかったが、 現在の機械学習界隈と比べても違いはディープラーニングがあるかないかぐらいだった。
...

続きを読む

『データ解析のための統計モデリング入門』(通称緑本)を読んだ

ようやく緑本を読んだ。
緑本とはデータサイエンティスト界隈で有名な『データ解析のための統計モデリング入門』という本のことである。
この本はデータ解析を学ぶ入門本としてとても評価が高くいつかは読まなければなあと思っていて、仕事でデータ解析のタスクもやることになったのでこれはいい機会だと思って読んでみた。

statisticsmodelingbook

難しい…なんて難しいんだ。
平易な文章なので終わりまでさらっと読めるので、読んだだけでできる気になってしまうが内容は入門といえど難しい。
1回読んだだけで理解したと勘違いしてしまったら終わり。
難しいと感じてしまうのはところどころ数学が絡んでおり、行列やら積分やらが出て来るので高校数学を復習した上で再読したほうがよさそう。
そのほうが深い理解に繋がるはず。

なので高校の数学の教科書を引っ張り出した。
...

続きを読む

『Pythonエンジニア養成読本』を再読した

最近Pythonを触る機会が増えたため、『Pythonエンジニア養成読本』をもう一度読んでみた。

この本はPythonを触ったことがないけれど、別のプログラム言語を触ったことがある、という人が読むべき本だと思う。
おそらく上記を対象読者としているのだろう。 そのためか全体的に内容が浅く、再読したが何も発見はなかった。
(だいたいの本は再読しても何かしらの発見があるのだが…)

ただし、Python触ってみたい、最近のPython界隈はどんな感じなんだろう?、という人は読んでみて損はない本だと思う。
むしろそういう意味ならとてもよい本。

特に第3章は最近のPythonの開発まわりについて記されていてよかった。
(自分は全部知っているので特に発見はなかったが…)

あと第4章のIPython Notebookのところを読んで、自分もIPython Notebookを使いたいと思った。絶対使うと思う。

pythonista_book

...
続きを読む